シミ取りクリーム

MENU

シミを消したい時に便利な方法

 

紫外線を浴びすぎたり、年齢がある程度増してくると、どうしてもシミが目立ってきてしまいます。日焼け止めを利用することで、シミを作らないようにといったことも必要ですが、出来てしまったシミをいかに取り除いて消すのか?と言った点も大切になります。

 

そんな出来てしまったシミを消す方法としては、「シミ消しクリーム」や「シミ取りクリーム」などといったクリームを利用するのがオススメです。このようなシミを、消すことが出来るクリームにも色々とありますので、ここで、様々なクリームの効果であったり、特徴、口コミ情報から、どのような特徴があり、どのように選ぶのかと言った点を色々と違った形で見て参考になる情報を提供できればと思います。

 

 

 

多くのシミ取りクリームに入っている成分の特徴とは?

 

シミ取り用のクリームというのにも様々なクリームが販売されていますが、そのクリームに含まれている成分の多くは、シミを予防することを目的とした成分が多いようです。

 

シミを予防することが出来るクリームというのは、新しく出来るシミが出来るのを防ぐための成分を主だった機能になっています。このように新しく出来るシミが出来ないようにしておくことで、その後の新陳代謝で既にできているシミが剥がれ落ちて無くなるのを待つといった方法になります。このように新しいシミが出来ないようにすることによって、自然にシミが出来ないといった事になります。

 

 

しかし、このような方法を利用した場合には、新陳代謝が落ちていると、なかなかシミを消すことが出来ないといった欠点があります。特に、シミが目立ちだす30代後半から40代や50代などのある程度の年齢になってくると10代や20代のような若い人よりも新陳代謝が落ちています。

 

この為、シミ取りクリームを塗っていたも、シミを消すためには時間が掛かったり、完全にはシミを消すことが出来なかったりすると言ったことになります。

 

 

 

 

シミを摂ることが出来る成分とは?

 

シミを消すことが出来る成分というのはありますが、実際には、その成分というのは以外にも数は少ないです。

 

 

一般的にコスメに使われているシミ消し成分としては、

 

 ●ハイドロキノン(新安定型ハイドロキノン)
 ●アルブチン(ハイドロキノン誘導体)
 ●ビタミンC
 ●コウジ酸

 

といったような4種類になります。

 

 

これらのシミ消し成分には、それぞれ特徴がありますが、さらに、特にシミを消すことが出来る効果として一番効果が高いと言われているのがハイドロキノンといった成分です。

 

ハイドロキノンの成分としてのシミを取る効果の特徴としては、メラニン色素に働きかけることによって、そろちなーぜと合成することで、メラニン色素となっているチロシンを巻き戻すことによって、すでに出来ているシミを薄くすることができ、この為、最終的にはシミが消すことが出来るといった効果が期待できます。

 

 

■「ハイドロキノン」が配合されているクリームをつあくのがオススメ

 

 

 

新安定型ハイドロキノンとは?

 

シミ取りクリームとして、特に気になるのが「新安定型ハイドロキノン」です。新安定型ハイドロキノンと言うのは、ハイドロキノンというのは、もともと不安定な状態なので酸化しやすいといった特徴があります。

 

このような酸化しやすいハイドロキノンを酸化しないようにBCDACという界面活性剤で包み込むことによってお肌に安定して効率的に浸透させることが出来るのが特徴です。新安定型ハイドロキノンは、酸化しにくいだけではなく、温度や熱にも耐えることが出来るようになっているといった特徴があります。

 

 

新安定型ハイドロキノンではない、それ以前のハイドロキノンが含まれているクリームの場合には、酸化させないために冷蔵庫などでの保管が必須になります。また、酸化してしまった場合いは、利用するのは絶対にダメだと注意されます。

 

新安定型ハイドロキノンの場合には、このような酸化をしないようにBCDACによって改善されているので、今まで以上に使いやすい美白ができ、シミを改善することが出来るといったような効果が使いやすくなっています。

 

 

 

SSDナノカプセルの新安定型ハイドロキノンとは?

 

新安定型ハイドロキノンには、違った種類のモノがあります。その1つがSSDナノカプセルで包み込んだハイドロキノンです。こちらは、ナノカプセルにつつまれているというのが特徴ですが、さらに効果のほどというのは、ハイドロキノンがお肌に浸透したときに丁度メラニンが生成されている部分でハイドロキノンが溶け出すようになっています。

 

その為、このSSDナノカプセルに包まれているハイドロキノンというのは、ピンポイントで、シミ取りの効果を期待することが出来ます。

 

 

シミが出来る部分というのは、表皮のわずか0.1ミリ〜0.3ミリといったような薄いのですがこの薄さの厚さの下にメラノサイトといった細胞が黒褐色のメラニンによって、お肌を紫外線から守るために太陽光線を吸収する働きがあります。

 

このような0.1ミリ〜0.3ミリといったような薄い厚みの部分に、より浸透しやすく安定した形式でシミに働きかけることが出来るメラニンと新しいメラニンの生成を抑えることが出来るといった効果が期待できます。

 

 

 

アルブチンが配合されている美白化粧品とは?

 

アルブチンといった成分が配合されている美白化粧品というのもありますが、アルブチンが配合されれいるのは、シミ予防を目的としているモノになります。このアルブチンというのは、ハイドロキノンとブドウ糖を結合させることでできているハイドロキノンの配糖体です。

 

アルブチンについては、α型とβ型の2種類がありますが、その効果の違いというのは、α型の方が10数倍も効果があると言われています。また、お肌への安全性についても高いので、メラニンの生成を抑えるのに強力な効果が期待出来る成分でもあります。

 

 

ハイドロキノンは、シミを取り除くのが目的であるので美白効果として優れていますが、ハイドロキノンとアルブチンを比較した場合には、アルブチンは、美白効果については穏やかに効果があるものなので、スグには効果は期待できません。